FC2ブログ

アイドリングストップOFF

ご依頼頂きました タント

ご依頼下さり有難うございます。

1 (1)

燃費の向上、環境への配慮から多くの自動車に搭載されているアイドリングストップ。
環境性能に応じた自動車の税制優遇措置もあり、近年の自動車に装備されている機能となっています。

アイドリングストップとは
信号待ちなどで一時停車したときに、自動的にエンジンがストップする機能です
一時停車などブレーキを緩めるなどの動きを認識すると、自動的にエンジンが再始動し、アクセルを踏み込めば車が動き出すしくみです。

ブレーキを踏んでいるとエンジンが停止状態
停車時間に燃料を消費しない事から、★燃費の節約や★環境に配慮している機能とも言えます。

アイドリングストップ機能にはメリット・デメリットもございます。

<メリット>  燃費が節約できる /  排出ガスが削減できる /停止中のエンジン音をなくすことができる

<デメリット> バッテリーの消耗が早い / エアコンが停止する / 部品が劣化しやすい

アイドリングストップをキャンセルしたい場合

A・・・・・アイドリングストップを解除するボタンを押す。(ご自身で行えます)
アイドリングストップを解除するボタンが運転席側にあります。スイッチを押せば解除されますが、
一度エンジンを切ると再びアイドリングストップが機能が復活します。
乗り降りなどエンジンを切り、再びエンジンをかけた時毎回解除ボタンを押す必要があります。

B.・・・・・アイドリングストップキャンセラーを使用する(装着)(取扱い店などにご依頼下さい。)
アイドリングストップキャンセラーという専用機器が販売されています。
装着すればエンジンをかけた時毎回解除ボタンを押す手間を無くすことができます。
再度アイドリングストップ機能を活かすすることも簡単にできます。


タントのオーナー様もデメリットを感じられBのキャンセラーを装着される事に。

1 (2)
スイッチ部分もOFF

1 (3)
メーターパネル部分の機能マークもOFFのまま表示

お気軽にご相談下さい。 



スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

Copyright © FORTIS -custom and security- フォルティス All Rights Reserved.