FC2ブログ

カーセキュリティVIPER/強化オプション

只今、ヴィッツへカーオーディオ施工中です。


当店がお勧めいたしますカーセキュリティVIPER強化オプションの一部ご案内します。

急増する車両盗難・ホイール盗難に絶大な効果を発揮するデジタル傾斜センサー。


          633m_keisha.gif

●0.6度、1.2度、1.8度、2.4度の4段階の設定が可能
  設定角度を超えた場合にサイレン警報

●デジタル傾斜センサーをメインユニットに接続することで
  傾きを検出した場合には即サイレンが鳴ります。

633Mデジタル傾斜センサーの特長と仕組み

検出方向
デジタル傾斜センサ-では主に一軸方向の傾斜を検出できますが、一軸方向以外に傾斜した場合も設定角度を越えた場合に警報を鳴らします。

40度の坂まで対応可能
デジタル傾斜センサ-は坂道駐車の場合も傾斜角度を自動学習し、クルマの傾きを検出します。取付角度を水平にした場合に40度まで検出可能です。

検出角度
検出可能角度は、0.6度、1.2度、1.8度、2.4度の全4段階の角度設定ができます。駐車環境や設置方法などがクルマによりそれぞれ異なるため検出角度を都度設定できる場所に設置することをお勧めします。


ダブルガードショックセンサー

      505D-obj_2015091215281696d.gif

車体に加えられる衝撃の強弱を判別して、弱い衝撃では警告音を、強い衝撃ではサイレン音を出すことができます。

メインユニット内蔵の衝撃センサーの感度バランスが悪い場合やさらに高感度にクルマへの衝撃をキャッチしたい場合に有効です。

見えない部分への設置によって、セキュリティ性の高いシステムが構築可能です。

ガラス割り対策

ガラス割りに対して発生した高周波音をキャッチします。
•音感センサーでボディの傷つけを防ぐことはできません。
• 506Tは金属音を検出するセンサーのため、周囲で特定の高い音がするような環境ではセンサーが反応する場合があります(工事現場周辺、線路沿い、自転車、バイクのブレーキ音などにより発生する高周波音)。

       502t-obj.gif


車内の移動物体やドア開け、窓ガラス等の衝撃に反応するセンサー。

超音波センサー

509U超音波センサーは車内のバリアを張り、モノ(ドア開け)や人の動きをキャッチすることができるセンサーです。
センサー反応時、メインユニットからサイレンを鳴らすことができます。

この他にも、ナビやエアロなど外装品を盗難から守るオプションパーツなどなど各種ございます。

お気軽にご相談下さい。  (^-^)





スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

Copyright © FORTIS -custom and security- フォルティス All Rights Reserved.