FC2ブログ

ドアチューニング/デットニング

ドアチューニング=デッドニングをご存じでしょうか。

車に装備されたスピーカーの音を良くする。
本来のスピーカーが持つ性能を活かす為に、ドアに制振処理を施したり音の抜けを良くしたりする施工です。

スピーカーが取付けてある場所はドアですが、普段目にしているのは内張りで裏側のドアの構造を目にする機会はほとんど無いと思います。

参考までに、ドア内張りを外し鉄板の状態
*左右車両が異なります。

A車  B車



一般的にドアは薄い鉄板構造、そして鉄板にはホールと言う穴がいくつか存在し機密性も高くありません。

二つの画像は別々の車両です。車種により構造が違います。そしてホールと言われる箇所や大きさも違います。

A車 - コピー  B車 - コピー
(デットニング施工の際、鉄板に付いているビニール、ビニールを装着させる為のブチルも綺麗に剥がし余計な物は取り除きます)

車両に取付されたスピーカーは基本的に音を鳴らすのに適した環境にはなっていない為、スピーカーの振動がドアと共鳴してビリビリと震えるような「ビビリ音」が発生したり、機密性が足りずにスピーカーの音が気の抜けた音になってしまう事や風切り音なども発生してしまいます。


ドアに制振/吸音などを取り付け、音漏れや、ドアの振動、音の乱反射を抑え、音を良くし余計なノイズを取り除くのがデッドニングです。

但し、デッドニングは全ての車両が確実にわかりやすく効果が出るというものではありません。
制振性の高い高級車等の場合は元々静粛性が高いために違いが出にくいと言われています。

デッドニングの施工の仕方につきましては、車種により異なります。
鉄板の構造や面積、ホールの大きさや数などで制振材シートの使用枚数が若干異なります。
ドアの環境を整え、スピーカー本来の性能を発揮させた音をデッドニング効果で実感しましょう。

今回FORTISオリジナルデットニングメニューを作りました。
明日ご案内致します。 「お勧めです」  (^-^)



49990 ENTRY PLAN_


SUB WOOFER MENU_


85550 PLAN_FORTIS_




スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

Copyright © FORTIS -custom and security- フォルティス All Rights Reserved.